春期プレ講習・好評受付中

実 施 中

お気軽にお問合せください

受付時間
午後4時〜10時
0277-46-8503

躾(しつけ)と学力

し つ け と 学 力

しつけと学力は車の両輪のようなものです。

それは、小学生に顕著に現れています。宿題をよく忘れる子・学習用具・教科書など忘れる

子・宿題をいい加減にしてくる子・授業中集中力のない子等の生徒は、確実に学力が低いで

す。

それを、中学までそのままにしておくと、保護者の方は必ず、成績のこと、高校受験で悩

まなければなりません。これが、偽らざる現実です。

私の25 年小学校での教師経験・塾での授業経験から言って間違いありません。

保護者の方、特にお母さん方は頻繁に「勉強しなさい。」「片づけなさい。」「忘れ物はないの。」

と口癖のように言われる方も多いのではないでしょうか。

しかし、その言葉で成績が伸びたお子さんは皆無(例外は除きます)ではないでしょうか。

特に、小学校中学年までが特に大事です。この時期にしつけを間違うと、何故、この子は

こんなんだろうと嘆かれるようになってしまいます。

躾の一番重要な方法は、まず、一緒にすることです。具体的に言えば、忘れ物の多いお子

さんがいらっしゃる方は、連絡帳を一緒に見ながら優しく、明日はこんな勉強があるんだね、

宿題は国語の音読・漢字・計算ドリルだね、等とおしゃべりしながらすることです。「明日

の準備が終わったら、宿題をしましょうね」

ここで保護者の方がお困りの事は、「私たちのときと教え方が違う!」と思われることが

多いのではないでしょうか。でも、それはお子さんのノートと教科書を見れば大体解ります。

それでも解らないときは、お子さんに聞くことです。そうすると、お子さんは喜んで教えま

すよ。

このようなコミュニケーションを2カ月位続けると、お子さんによって異なりますが、何

も言わないでも自分で出来るようになります。一番重要な心の繋がりがより一層深まり、情

緒が安定して来ます。

小学生で一番大事なことは、この情緒の安定なのです。安定すると、授業での集中力も増

し、理解力も確実に上がり、成績も上がります。さらに、友人関係も良くなります。お子さ

んの良さが沢山見えてきて、褒めることが多くなります。

このように、たっぷりと心の愛情を受け続けて行くと、自尊感情が高まっていき、成績だ

けでなく、自立心やチャレンジ精神も高まり、たくましい人格・周囲の人たちを大切にする

優しい性格が育っていきます。

いじめを受ける側にも、いじめをする側にもなる可能性は低くなります。私の子育て経験

から言っても、これらのことは断言できると思います。

無料学習相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0277-46-8503

受付時間:午後4時〜10時
休業日:日曜・祭日

無料学習相談

お電話でのお問合せはこちら

0277-46-8503

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。