春期プレ講習・好評受付中

実 施 中

お気軽にお問合せください

受付時間
午後4時〜10時
0277-46-8503

公立高校に実力が足りない

英語を学習している中学生

   今からが部活を引退するまでが、一番大変   な時期です

   部活は遅くまである。土日も練習試合や試合でつぶれてしまいます。まして、最高学年として1・2年生をひっぱて行かなければならない。学習面では、受験勉強と定期試験の勉強を両立しなければならない。学校の提出物は絶対出さなければならない。出さないと内申書が下がります。  だから部活を引退するまでが勝負です。ほとんどの学校では中間試験は今週中に終わります。今の時期は、1・2年の復習です。後期試験の70パーセント近くは1・2年生の内容から出題さあれます。 今から1・2年の教科書やワ-クや教科書を引っ張り出してやるとなると、とても夏休みまでに終わりません。もっと効果的な学習方法で勉強しないと、受験までに間に合いません。学校の実力テスト・群馬統一テストは志望校を決めるための基準として使われますが、これらのテストでも良い結果を残す必要があります。焦らせることばかりを書いて申し訳ないですが、それが現実です。14年余りの人生の最初のハードルです。

 効率的な学習方法の1つに、間違えた問題を集中的に学習することです。ただ漫然と1年の最初単元から問題集をしたり、教科書を読んだりしても時間が掛かるだけで、成績は上がりません。3年になってした、実力テストや統一テストの間違えた問題を集中的に学習することです。間違えた問題は、次の試験で似た問題が出題されると、90%以上の確率で間違ってしまいます。試験は、分からない所、覚えていない所を 見つけるためにあるんだ、とポジティブに考えることです。

 さあー本題に入りましょう。例えば、2年の理科のΩの法則の問題を間違えたとしましょう。そこで、教科書のΩの法則の所を何回も理解するまで読みましょう。分からなかったら、理科の得意な友達や先生に聞くのです。そこで、恥ずかしがったり、臆病になったりしてはいけません。分からない事を分からないと言える勇気を持ちましょう。それを実行することが出来ると、一歩成長した証拠です。受験は、自分の弱さとの戦いなのです。

 理解出来たら、まず、教科書の問題、それからワークの問題をしましょう。分からない問題は、回答の解説書を読みましょう。それでも解らなかったら、また、友達や先生に聞きましょう。理解出来たら、別の問題集を解いてみましょう。

 これで、あなたは、オームの法則が得意になります。本当の学習はこの様な学習方法をすることなのです。この方法は他の教科も同じです。違って来るのは英語と国語です。

無料学習相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0277-46-8503

受付時間:午後4時〜10時
休業日:日曜・祭日

無料学習相談

お電話でのお問合せはこちら

0277-46-8503

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。