春期プレ講習・好評受付中

実 施 中

お気軽にお問合せください

受付時間
午後4時〜10時
0277-46-8503

        成績の悩み相談

躾と学力

躾 と 学 力

しつけと学力は車の両輪のようなものです。

それは、小学生に顕著に現れています。宿題をよく忘れる子・学習用具・教科書など忘れる子・宿題をいい加減にしてくる子・授業中集中力のない子等の生徒は、確実に学力が低いです。

 それを、中学までそのままにしておくと、保護者の方は必ず、成績のこと、高校受験で悩まなければなりません。これが、偽らざる現実です。

 私の25年小学校での教師経験・塾での授業経験から言って間違いありません。

保護者の方、特にお母さん方は頻繁に「勉強しなさい。」「片づけなさい。」「忘れ物はないの。」と口癖のように言われる方も多いのではないでしょうか。

 しかし、その言葉で成績が伸びたお子さんは皆無(例外は除きます)ではないでしょうか。

 特に、小学校中学年までが特に大事です。この時期にしつけを間違うと、何故、この子はこんなんだろうと嘆かれるようになってしまいます。

 躾の一番重要な方法は、まず、一緒にすることです。具体的に言えば、忘れ物の多いお子さんがいらっしゃる方は、連絡帳を一緒に見ながら優しく、明日はこんな勉強があるんだね、宿題は国語の音読・漢字・計算ドリルだね、等とおしゃべりしながらすることです。「明日の準備が終わったら、宿題をしましょうね」

ここで保護者の方がお困りの事は、「私たちのときと教え方が違う!」と思われることが多いのではないでしょうか。でも、それはお子さんのノートと教科書を見れば大体解ります。それでも解らないときは、お子さんに聞くことです。そうすると、お子さんは喜んで教えますよ。

 このようなコミュニケーションを2カ月位続けると、お子さんによって異なりますが、何も言わないでも自分で出来るようになります。一番重要な心の繋がりがより一層深まり、情緒が安定して来ます。

 小学生で一番大事なことは、この情緒の安定なのです。安定すると、授業での集中力も増し、理解力も確実に上がり、成績も上がります。さらに、友人関係も良くなります。お子さんの良さが沢山見えてきて、褒めることが多くなります。

 このように、たっぷりと心の愛情を受け続けて行くと、自尊感情が高まっていき、成績だけでなく、自立心やチャレンジ精神も高まり、たくましい人格・周囲の人たちを大切にする優しい性格が育っていきます。

 いじめを受ける側にも、いじめをする側にもなる可能性は低くなります。私の子育て経験から言っても、これらのことは断言できると思います。

将来の夢を作りましょう

    夢を持ち続ける人は強い

   不器用でも、今成績が悪くてもいいのです。夢の達成を一途に追及する人は限りなく自分の可能性が開かれます。かのアインシュタインも小学生の頃は落ちこぼれでした。でも、夢を追い続け、まだ、現在でも解明されきっていない相対性理論を作りました。

   夢を創る為には、自分と向かい合い、色々な人の自分に対する見方や意見を聞き、本を読んだり、調べたりしなければなりません。今は、インターネットと言う便利なものがあります。少しでも興味があることは、調べて見ましょう。必ず見つかるはずです。

   それから逆算するのです。夢を実現するには、何処の大学に行ったらいい。どこの高校に行くと夢が実現する可能性が高い。

   では、今、自分は何をすればいいかが見えてきます。それが、学習の土台です。何となく勉強している人とは、全く違います。

 

 

        成績の悩み相談

 

 

将来の夢を作りましょう

    夢を持ち続ける人は強い

   不器用でも、今成績が悪くてもいいのです。夢の達成を一途に追及する人は限りなく自分の可能性が開かれます。かのアインシュタインも小学生の頃は落ちこぼれでした。でも、夢を追い続け、まだ、現在でも解明されきっていない相対性理論を作りました。

   夢を創る為には、自分と向かい合い、色々な人の自分に対する見方や意見を聞き、本を読んだり、調べたりしなければなりません。今は、インターネットと言う便利なものがあります。少しでも興味があることは、調べて見ましょう。必ず見つかるはずです。

   それから逆算するのです。夢を実現するには、何処の大学に行ったらいい。どこの高校に行くと夢が実現する可能性が高い。

   では、今、自分は何をすればいいかが見えてきます。それが、学習の土台です。何となく勉強している人とは、全く違います。

 

中学受験生・中学生のみなさん成績はアップしていますか?

思うように成績が上がらずに一人で悩んでいませんか?勉強って孤独なものです。

現在の中学生の皆さんは、凄く大変だと思います。今からの季節は、部活動の時間が6時半位まであります。疲れきって家に帰って来て、食事を食べ、お風呂に入ったら直ぐに、学校の宿題や勉強をしなければなりません。ぐずぐずしていると、直ぐに眠たくなってしまいます。更に、塾に通っている生徒さんは、食事をしたら直ぐに塾で勉強しなければなりません。本当に大変だと思います。土曜・日曜に練習試合や試合があれば、休む暇もありません。そんな中で成績を上げていくのは大変な努力が必要です。

 でも、効果的な勉強方法があれば、成績はグンとアップします。それを、それぞれの生徒さんに応じて書いて行きたいと思います。

 
 

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

達成感をつくる

 

脳が本当に働きだすのは、分かった・出来た、と言う達成感が出て来てからなのです。

 達成感が感じられるようになると、自分もやれば出来るんだ、と言う自信が湧いて来ます。 

 こうなるとしめたものです。こうなると、もう少しやって見よう、もう少しやって見ようと言う気持ちになり、やらなければならない、と言う義務感から脱し、能動的な学習態度に変わって来ます。

 そうすると、勉強のやり方も、家での時間の使い方、授業での集中力、学校での時間の使い方も変わって来ます。

 今度の期末試験3週間前に入塾してきた生徒は、歴史が苦手でした。それで、学校のワークを3回させることと、教科書を10回読ませることを目標にし、塾で・家庭で・学校でひたすら素直に実行して行きました。ワークの2回目が終わった頃、本やから、2冊の歴史の漫画の本を買って来ました。

 3回目が大変でした。試験の前日に、後1回残っていたのです。塾に来るなり始めましたが、11時まで掛かってしまいました。

 次の、塾での授業の日、私の顔を見るなり、笑顔満開で「先生出来た。」「試験返って来たの。」と聞くと、まだです。試験が返って来ていなくても、かなりの高得点が取れた自信があったのです。

 ちなみに、生徒には解答は渡していませんでした。分からない所は、教科書で調べさせました。脳が本当に働きだすのは、分かった・出来た、と言う達成感が出て来てからなのです。

 達成感が感じられるようになると、自分もやれば出来るんだ、と言う自信が湧いて来ます。

 人の記憶力や理解力は、特別な人を除いて大差ありません。

 人は右脳派と左脳派に分かれていることを知っていますか?人は普段両方の脳を使っている訳ですが、と友達の中に美術や国語の小説文凄く得意だけど、理科・数学は苦手だと言う人は右脳派です。芸術家はほとんどが右脳派ですね。数学・理科・国語の説明文が得意な人は左脳派ですね。特徴は論理的な思考が特徴です。

 これを知ってどうなるの、と思われるかもしれませんが、これからが成績に関わる大事なところなのです。

 左脳派の人は英単語や数学の公式など、どんどん覚えられるかも知れませんが、右脳派の人は、一工夫必要です。イメージや関連性で覚えるのです。例えば、英単語や漢字・数学の公式は、まず自分の頭の中に覚えることを数回イメージしそこから浮かんでくる事柄を連想し、数回ペンシルで書いて見るのです。具体的に言えば、英語のeatと言う単語を1語覚えるとき、アルファベットのeatを数回頭の中に書き、自分がすきな物を食べている様子を連想するのです。そして、数回ノートに書く。これで、単語が覚えられるのです。初めはちょっとギコチ無いでしょうが、毎日繰り返せば慣れてきます。まだ、覚え方はあるのです。関連付けて覚えることです。

成績を上げる方法まだまだあります。

詳しくは、下記の項目をクリックして下さい。

 

無料学習相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0277-46-8503

受付時間:午後4時〜10時
休業日:日曜・祭日

 
 

無料学習相談

        成績の悩み相談

 

躾と学力

躾 と 学 力

しつけと学力は車の両輪のようなものです。

それは、小学生に顕著に現れています。宿題をよく忘れる子・学習用具・教科書など忘れる子・宿題をいい加減にしてくる子・授業中集中力のない子等の生徒は、確実に学力が低いです。

 それを、中学までそのままにしておくと、保護者の方は必ず、成績のこと、高校受験で悩まなければなりません。これが、偽らざる現実です。

 私の25年小学校での教師経験・塾での授業経験から言って間違いありません。

保護者の方、特にお母さん方は頻繁に「勉強しなさい。」「片づけなさい。」「忘れ物はないの。」と口癖のように言われる方も多いのではないでしょうか。

 しかし、その言葉で成績が伸びたお子さんは皆無(例外は除きます)ではないでしょうか。

 特に、小学校中学年までが特に大事です。この時期にしつけを間違うと、何故、この子はこんなんだろうと嘆かれるようになってしまいます。

 躾の一番重要な方法は、まず、一緒にすることです。具体的に言えば、忘れ物の多いお子さんがいらっしゃる方は、連絡帳を一緒に見ながら優しく、明日はこんな勉強があるんだね、宿題は国語の音読・漢字・計算ドリルだね、等とおしゃべりしながらすることです。「明日の準備が終わったら、宿題をしましょうね」

ここで保護者の方がお困りの事は、「私たちのときと教え方が違う!」と思われることが多いのではないでしょうか。でも、それはお子さんのノートと教科書を見れば大体解ります。それでも解らないときは、お子さんに聞くことです。そうすると、お子さんは喜んで教えますよ。

 このようなコミュニケーションを2カ月位続けると、お子さんによって異なりますが、何も言わないでも自分で出来るようになります。一番重要な心の繋がりがより一層深まり、情緒が安定して来ます。

 小学生で一番大事なことは、この情緒の安定なのです。安定すると、授業での集中力も増し、理解力も確実に上がり、成績も上がります。さらに、友人関係も良くなります。お子さんの良さが沢山見えてきて、褒めることが多くなります。

 このように、たっぷりと心の愛情を受け続けて行くと、自尊感情が高まっていき、成績だけでなく、自立心やチャレンジ精神も高まり、たくましい人格・周囲の人たちを大切にする優しい性格が育っていきます。

 いじめを受ける側にも、いじめをする側にもなる可能性は低くなります。私の子育て経験から言っても、これらのことは断言できると思います。

将来の夢を作りましょう

    夢を持ち続ける人は強い

   不器用でも、今成績が悪くてもいいのです。夢の達成を一途に追及する人は限りなく自分の可能性が開かれます。かのアインシュタインも小学生の頃は落ちこぼれでした。でも、夢を追い続け、まだ、現在でも解明されきっていない相対性理論を作りました。

   夢を創る為には、自分と向かい合い、色々な人の自分に対する見方や意見を聞き、本を読んだり、調べたりしなければなりません。今は、インターネットと言う便利なものがあります。少しでも興味があることは、調べて見ましょう。必ず見つかるはずです。

   それから逆算するのです。夢を実現するには、何処の大学に行ったらいい。どこの高校に行くと夢が実現する可能性が高い。

   では、今、自分は何をすればいいかが見えてきます。それが、学習の土台です。何となく勉強している人とは、全く違います。

 

中学受験生・中学生のみなさん成績はアップしていますか?

思うように成績が上がらずに一人で悩んでいませんか?勉強って孤独なものです。

現在の中学生の皆さんは、凄く大変だと思います。今からの季節は、部活動の時間が6時半位まであります。疲れきって家に帰って来て、食事を食べ、お風呂に入ったら直ぐに、学校の宿題や勉強をしなければなりません。ぐずぐずしていると、直ぐに眠たくなってしまいます。更に、塾に通っている生徒さんは、食事をしたら直ぐに塾で勉強しなければなりません。本当に大変だと思います。土曜・日曜に練習試合や試合があれば、休む暇もありません。そんな中で成績を上げていくのは大変な努力が必要です。

 でも、効果的な勉強方法があれば、成績はグンとアップします。それを、それぞれの生徒さんに応じて書いて行きたいと思います。

 
 

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

達成感をつくる

 

脳が本当に働きだすのは、分かった・出来た、と言う達成感が出て来てからなのです。

 達成感が感じられるようになると、自分もやれば出来るんだ、と言う自信が湧いて来ます。 

 こうなるとしめたものです。こうなると、もう少しやって見よう、もう少しやって見ようと言う気持ちになり、やらなければならない、と言う義務感から脱し、能動的な学習態度に変わって来ます。

 そうすると、勉強のやり方も、家での時間の使い方、授業での集中力、学校での時間の使い方も変わって来ます。

 今度の期末試験3週間前に入塾してきた生徒は、歴史が苦手でした。それで、学校のワークを3回させることと、教科書を10回読ませることを目標にし、塾で・家庭で・学校でひたすら素直に実行して行きました。ワークの2回目が終わった頃、本やから、2冊の歴史の漫画の本を買って来ました。

 3回目が大変でした。試験の前日に、後1回残っていたのです。塾に来るなり始めましたが、11時まで掛かってしまいました。

 次の、塾での授業の日、私の顔を見るなり、笑顔満開で「先生出来た。」「試験返って来たの。」と聞くと、まだです。試験が返って来ていなくても、かなりの高得点が取れた自信があったのです。

 ちなみに、生徒には解答は渡していませんでした。分からない所は、教科書で調べさせました。脳が本当に働きだすのは、分かった・出来た、と言う達成感が出て来てからなのです。

 達成感が感じられるようになると、自分もやれば出来るんだ、と言う自信が湧いて来ます。

 人の記憶力や理解力は、特別な人を除いて大差ありません。

 人は右脳派と左脳派に分かれていることを知っていますか?人は普段両方の脳を使っている訳ですが、と友達の中に美術や国語の小説文凄く得意だけど、理科・数学は苦手だと言う人は右脳派です。芸術家はほとんどが右脳派ですね。数学・理科・国語の説明文が得意な人は左脳派ですね。特徴は論理的な思考が特徴です。

 これを知ってどうなるの、と思われるかもしれませんが、これからが成績に関わる大事なところなのです。

 左脳派の人は英単語や数学の公式など、どんどん覚えられるかも知れませんが、右脳派の人は、一工夫必要です。イメージや関連性で覚えるのです。例えば、英単語や漢字・数学の公式は、まず自分の頭の中に覚えることを数回イメージしそこから浮かんでくる事柄を連想し、数回ペンシルで書いて見るのです。具体的に言えば、英語のeatと言う単語を1語覚えるとき、アルファベットのeatを数回頭の中に書き、自分がすきな物を食べている様子を連想するのです。そして、数回ノートに書く。これで、単語が覚えられるのです。初めはちょっとギコチ無いでしょうが、毎日繰り返せば慣れてきます。まだ、覚え方はあるのです。関連付けて覚えることです。

成績を上げる方法まだまだあります。

詳しくは、下記の項目をクリックして下さい。

 

無料学習相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0277-46-8503

受付時間:午後4時〜10時
休業日:日曜・祭日

 
 

無料学習相談

あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむめもやゃゆゅよらりるれろわ・を・んアイウエオカキクケコサシスセソタチツテトナニヌネノハヒフヘホマミムメモヤャユュヨララリルレロワ・ヲ・ン

中学受験生・中学生のみなさん成績はアップしていますか?

思うように成績が上がらずに一人で悩んでいませんか?勉強って孤独なものですよね(;一_一)

現在の中学生の皆さんは、凄く大変だと思います。今からの季節は、部活動の時間が6時半位まであります。疲れきって家に帰って来て、食事を食べ、お風呂に入ったら直ぐに、学校の宿題や勉強をしなければなりません。ぐずぐずしていると、直ぐに眠たくなってしまいます。更に、塾に通っている生徒さんは、食事をしたら直ぐに塾で勉強しなければなりません。本当に大変だと思います。土曜・日曜に練習試合や試合があれば、休む暇もありません。そんな中で成績を上げていくのは大変な努力が必要です。

 でも、効果的な勉強方法があれば、成績はグンとアップします。それを、それぞれの生徒さんに応じて書いて行きたいと思います。

 

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

達成感をつくる

 

脳が本当に働きだすのは、分かった・出来た、と言う達成感が出て来てからなのです。

 達成感が感じられるようになると、自分もやれば出来るんだ、と言う自信が湧いて来ます。 

 こうなるとしめたものです。こうなると、もう少しやって見よう、もう少しやって見ようと言う気持ちになり、やらなければならない、と言う義務感から脱し、能動的な学習態度に変わって来ます。

 そうすると、勉強のやり方も、家での時間の使い方、授業での集中力、学校での時間の使い方も変わって来ます。

 今度の期末試験3週間前に入塾してきた生徒は、歴史が苦手でした。それで、学校のワークを3回させることと、教科書を10回読ませることを目標にし、塾で・家庭で・学校でひたすら素直に実行して行きました。ワークの2回目が終わった頃、本やから、2冊の歴史の漫画の本を買って来ました。

 3回目が大変でした。試験の前日に、後1回残っていたのです。塾に来るなり始めましたが、11時まで掛かってしまいました。

 次の、塾での授業の日、私の顔を見るなり、笑顔満開で「先生出来た。」「試験返って来たの。」と聞くと、まだです。試験が返って来ていなくても、かなりの高得点が取れた自信があったのです。

 ちなみに、生徒には解答は渡していませんでした。分からない所は、教科書で調べさせました。脳が本当に働きだすのは、分かった・出来た、と言う達成感が出て来てからなのです。

 達成感が感じられるようになると、自分もやれば出来るんだ、と言う自信が湧いて来ます。

 人の記憶力や理解力は、特別な人を除いて大差ありません。

 人は右脳派と左脳派に分かれていることを知っていますか?人は普段両方の脳を使っている訳ですが、と友達の中に美術や国語の小説文凄く得意だけど、理科・数学は苦手だと言う人は右脳派です。芸術家はほとんどが右脳派ですね。数学・理科・国語の説明文が得意な人は左脳派ですね。特徴は論理的な思考が特徴です。

 これを知ってどうなるの、と思われるかもしれませんが、これからが成績に関わる大事なところなのです。

 左脳派の人は英単語や数学の公式など、どんどん覚えられるかも知れませんが、右脳派の人は、一工夫必要です。イメージや関連性で覚えるのです。例えば、英単語や漢字・数学の公式は、まず自分の頭の中に覚えることを数回イメージしそこから浮かんでくる事柄を連想し、数回ペンシルで書いて見るのです。具体的に言えば、英語のeatと言う単語を1語覚えるとき、アルファベットのeatを数回頭の中に書き、自分がすきな物を食べている様子を連想するのです。そして、数回ノートに書く。これで、単語が覚えられるのです。初めはちょっとギコチ無いでしょうが、毎日繰り返せば慣れてきます。まだ、覚え方はあるのです。関連付けて覚えることです。

成績を上げる方法まだまだあります。

詳しくは、下記の項目をクリックして下さい。

無料学習相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0277-46-8503

受付時間:午後4時〜10時
休業日:日曜・祭日

無料学習相談

お電話でのお問合せはこちら

0277-46-8503

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。